画家の堀越千秋さんが亡くなられてたというニュースが流れました。

堀越さんがどういう作品を残されたのか気になって調べてみましたが、いわゆる前衛芸術っぽい作品が多いようですね。

 

pict4630

(出典:http://www6.kiwi-us.com)

 

堀越千秋さんは67歳で亡くなられたということですので、戦争間もないころに生誕されました。

そういった貧しい時代だとお金になりそうなことにどんな人でも向かっていきそうに思えます。

そんな時代を生きたのにもかかわらず、前衛芸術の様なお金とは程遠い世界に進んでいった堀越さんは、本当に芸術をこころの底から愛していたのでしょうね。

 

今回は、堀越千秋さんのプロフィールや病気・死因、ご家族について調べてみました。

スポンサーリンク

堀越千秋のwiki風プロフィール 陶芸家としても活躍

horikoshi

(出典:http://www.apalog.com)

名前:堀越千秋

生年:1948年

出身地:東京都

 

堀越さんは東京都本郷で1948年に生まれました。

東京の本郷というと東京大学を想像してしまいますが、恐らく堀越さんもそういった教養豊かな過程で育って行かれたのでしょうね。

 

そんな堀越さんは、大学は東京芸術大学に進学されました。

1973年に油画専攻を卒業し、そのまま大学院へ進学し、1975年に大学院を終了されます。

東京芸大と言うと、東大より難しいイメージがありますが、そこに合格されたということはもうその時点で画家としての素養は十分だったんでしょうね。

 

その後、1976年にスペインに給費留学生として留学されます。

余談ですが、この当時は大学院生の海外渡航に政府は力を入れていたようです。

私が大学時代お世話になった教授も、フルブライトでスタンフォード大学に留学されたそうですが、留学試験の難易度はそんなに高くなかったと言ってました。

 

その後堀越さんは、スペインのマドリードを拠点に、スイス、フランス、東京、韓国などの各国で個展を開催されます。

????????????????????????????????????

(出典:http://nagai-garou.com)

 

また堀越さんは陶芸家としても活躍されていたそうです。

20091207_737988

(出典:http://fukamiaya.jugem.jp)

 

堀越さんの油絵を見てみると、現実をそのまま絵の世界に射影するというよりは自分の精神世界を思いっきり表現していらっしゃるように思えます。

そういったタイプの芸術家の方は、実際に自分の手を使って陶芸のような、実態のある何かを作りたくなってしまうんでしょうね。

スポンサーリンク

堀越千秋さんの病気・死因は多臓器不全

堀越さんは、多臓器不全のためスペイン、マドリードの病院で亡くなられました。

多臓器不全は、突然死、急死になることも多い病気のようです。

多臓器不全でなくなった有名な方だと、橋本龍太郎元総理大臣や、水木しげるさんなどがいらっしゃるようです。

橋本元総理も、水木さんも亡くなられる直前までは活動していらっしゃったので、亡くなられたというニュースを聞いたときは衝撃でした。

 

堀越さんも、今年2016年5月に東京の銀座で個展を開かれていますし、急死の可能性はありえますね。

亡くなられる直前まで、スペインと東京を往復されるぐらいなので、堀越さんは相当元気な方だったんでしょうね。

堀越千秋さんの家族など

堀越さんは奥様に看取られて、スペインの病院で亡くなられました。

この奥さんは日本人で、スペイン滞在時35歳の時に結婚されたそうです。

スペインで奥様と出会われたわけですね。

スペインで日本人と遭遇するのって相当確率が低い気がしますけど、こうやって出会われたということはまさしく運命だったんでしょうね。

 

堀越さんにとってスペインでの生活は非常に心地よかったそうです。

そのスペインで亡くなられということなので、堀越さんは安らかにお眠りになられたでしょう。

堀越さんのご冥福をお祈りいたいます。

スポンサーリンク